初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

RACE:M.シモンセリ、今季5勝目

RACE:M.シモンセリ、今季5勝目

シモンセリが独走で今季5勝目を挙げれば、青山とバウティスタのポイント差が26に広がった。

第14戦ポルトガルGPの決勝レースは4日、エストリルで行われ、マルコ・シモンセリが優勝を飾った。

気温25度。路面温度36度のドライコンディションの中、朝のウォームアップ走行で1番時計を記録した3番グリッドのマルコ・シモンセリは、徐々にライバルたちを引き離し、5.317秒差で今季5勝目を飾った。

10番グリッドのマイク・ディ・メッリオとポールポジションのエクトル・バルベラは、同タイムでフィニッシュしたが、ベストラップの結果*、ディ・メッリオが自己最高位となる2位を獲得。

4番グリッドの青山博一は、上位陣に引き離されたが、粘りの走りで4位。ジュール・クルーセル、ラタパー・ヴィライロー、トーマス・ルティ、マティア・パシーニ、アレックス・デボン、カレル・アブラハムがトップ10。

レーシング・チーム・ジャーマニーから復帰戦となった青山周平は、15番グリッドから12位でフィニッシュした。

2番グリッドのアルバロ・バウティスタは、4番手走行中の5ラップ目に転倒。6番グリッドのラファエレ・デ・ロサは、2番手走行中の6ラップ目に転倒。17番グリッドの富沢祥也は、今季最高位を狙える10番手を走行していたが、13ラップ目に転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、青山がバウティスタとのアドバンテージを13ポイントから26ポイントに広げ、シモンセリが28ポイント差に接近した。

*
M.ディメッリオ: 1分40秒961
H.ベルベラ: 1分41秒169

Tags:
250cc, 2009, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, RAC

Other updates you may be interested in ›