初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ:「僕たちは勝つためにトライする」

J.ロレンソ:「僕たちは勝つためにトライする」

月面着陸成功を祝う特別ヘルメットを使用したロレンソは、「ヒューストン、問題なし」と、ジョークを交えて優勝を振り返った。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第14戦ポルトガルGPの決勝レースで今季初のポール・トゥ・ウインを達成。歴代25人目となる通算26勝目に到達した。

昨年最高峰クラスで初優勝した舞台に挑戦したスペイン人ライダーは、「本当のことを言うと、このアドバンテージで勝てるとは思っていなかった」と、レースを振り返った。

「完璧な週末となった。バイクとのフィーリングがすごく良く、セッションを支配した。レースでも、もしかしたら、僕のベストレースの1つかもしれない。序盤、引き離すのが大変だった。1周で僅か0.1秒しか勝てなかったけど、タイヤのパフォーマンスが低下し始めると、ケーシーとのアドバンテージを広げることができた。」

タイトル争いは、30ポイントから18ポイント差に接近。残り75ポイントバトルが控える。

「シーズン4勝目。これは、少なくても、タイトル争いを続けられることを意味する。とても難しいけど、今は不可能ではないと言うことができる。失うものは何もない。リスクを冒しことができると考える。バレンティーノは、チャンピオンシップを制覇しなければいけないし、僕たちは彼に勝つためにトライするだけ。」

「チャンピオンシップは、ブルノの後に比べれば、オープンになったけど、シーズン終盤にバレンティーノと闘うのは、とても難しい。困難だけど、毎戦挑戦する。」

次戦オーストラリアGPは、2年間の250ccクラスで連勝。昨年は2番グリッドから4位に入った。

「大好きなコース。250ccクラス時代に20秒のアドバンテージで勝った思い出があるけど、ケーシーとバレンティーノはとても速い。難しい週末となるだろうけど、僕たちも速いことを誰も忘れていない。」

Tags:
MotoGP, 2009, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›