初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、23秒差の敗因を分析

V.ロッシ、23秒差の敗因を分析

30から18ポイント差に詰められたロッシは、トップから23秒差の4位に終わったレースを分析した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、第14戦ポルトガルGPの決勝レースで、2番グリッドから4位。チャンピオンシップポイントを250に伸ばした。

目標の表彰台を逃したポイントリーダーは、「すごく難しいレースだった。リアのグリップが十分になく、タイヤが上手く機能しなかったから、速く走れなかったけど、セッティングの問題だったと思う」と、レースを分析。

「2ラップ目の後、多くの問題が出始め、直ぐに、これは僕のレースではないと理解した。」

「セッションを通して、幾つかの問題があったけど、最低でも、ストーナー、そして、ペドロサと一緒に走るコンディションがあると考えた。しかし、彼らはレースで進歩して、僕にはチャンスがなかった。」

「昨年もたくさんの問題があった。僕たちのセッティングでは、リアタイヤの温度が高まり、グリップ不足を招いた。表彰台を逃したのは残念だけど、あと3戦ある。レース毎に行くことを考え、フィリップアイランドで解決するために、問題が何であったのか理解するために働かないと。」

4位でフィニッシュしたロッシは、ランク2位とのアドバンテージが30から18ポイント差に詰め寄られた。

Tags:
MotoGP, 2009, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›