初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

最速ラップでM.ディメッリオに軍配

最速ラップでM.ディメッリオに軍配

バウティスタをサポートしてきたディ・メッリオが、レース中のラップタイムで自己最高位を獲得した。

第14戦ポルトガルGPの決勝レースで、マイク・ディ・メッリオとエクトル・バルベラが同タイムでゴール。レース中の最速ラップにより、ディ・メッリオが2位を獲得した。

10番グリッドのフランス人ライダーとポールポジションのスペイン人ライダーは、6ラップ目からバトルを展開。トップから5.317秒差で同時にゴールラインを通過したことから、レースディレクションはビデオ判定後、2人のベストラップを確認。

ディ・メッリオが4ラップ目に1分40秒961を記録すれば、バルベラは9ラップ目に1分41秒169をマーク。順位を決定した。

「これほど楽しく走れたのは久しぶり。バルベラとナイスなバトルを経験した。終盤は、リアタイヤが大きく滑ったけど、自分の最高のライディングをすることに集中した」と、自己最高位を獲得したディ・メッリオは振り返った。

数字的には逆転タイトル獲得の可能性を残したバルベラは、「同時にゴールし、それぞれのファーステストラップで順位が決まり、3位となった。同時でゴールしたら、その後は宝くじのようなもの。これでポジションを落とすのは少し悔しいけど、これもレースだ」と、判定を受け入れた。

レース中のファウステストラップでポジションが決定したのは、2004年10月に初開催された第13戦カタールGPの125ccクラス決勝レース以来。当時は、ホルヘ・ロレンソがアンドレア・ドビツィオーソを下した。

Tags:
250cc, 2009, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Mike Di Meglio, Hector Barbera, Mapfre Aspar Team 250cc, Pepe World Team

Other updates you may be interested in ›