初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.バージェス:「バレンティーノが引退するときに将来を決めます」

J.バージェス:「バレンティーノが引退するときに将来を決めます」

ロッシと共にタイトルを獲得してきたバージェスは、噂された引退について否定。パートナーシップの継続を強調した。

フィアット・ヤマハでバレンティーノ・ロッシのチーフクルーを勤めるジェリミー・バージェスは、噂されていた引退説を否定。来季も08年王者と二人三脚でタイトル獲得を目指す。

ロッシが最高峰クラスに進出した2000年からチーフクルーとしてパートナーを組み、9年間で6度目のタイトル獲得に成功をサポートしたバージェスは、「彼はまだ30歳です。大きなアクシデントに見舞われず、大変クリーンなキャリアを積み、フィジカルコンディションは完璧です。35歳、もしくは、それより先に、キャリアの継続を否定することができません」と、さらにキャリアを積み重ねることに太鼓判を押した。

バージェス自身の将来については、「バレンティーノが引退を決める時、私の将来をどうするか決めます」と、今後もチーフクルーとしてサポートを続ける意志があることを明白とした。

「彼は戦闘力があれば、走り続けるでしょう。それは確かなことです。私は56歳ですから、バレンティーノがあと4年間走りたければ、60歳の時に決断を下しましょう。」

ロッシ引退後に、他のライダーのチーフクルーに就任する可能性については、「20歳のライダー、もしくは、それよりも若いライダーと一緒に仕事をする場合は、アドバイザーでしょう。ヤングライダーにとって、私はまるで爺さんであり、その組み合わせは、今と同じように上手く機能するとは思いません」と、語った。

Tags:
MotoGP, 2009, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›