初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

B.スミス、照準はランク2位

B.スミス、照準はランク2位

来季も軽量級に継続参戦することを決断したスミスは、目標をランク2位に切り替えた。

3戦連続の表彰台獲得でランク2位に浮上したスミスは、ポジションをキープすることを誓った。

バンカハ・アスパルのブラドリー・スミスは、第14戦ポルトガルGP後、ランク2位を狙うことを認めた。

通算60戦目で今季6度目、通算11度目の表彰台を獲得して、ランク3位から第7戦TTアッセン以来となるランク2位に再浮上した18歳の英国人ライダーは、「ポイントリーダーは遠くにいるけど、最低でもグッドなポジションで終われるように、この調子で行きたい」と、ポジションキープを誓った。

「エストリルでブレーキの安定感がワンステップした。この調子をフィリップアイランドで続けたい。速く走れることができるはずだ。」

来季に関しては、当初Moto2クラス進出を計画。複数のチームからオファーが届く中、同チームからのステップを希望したが、マイク・ディ・メッリオの継続起用とフリアン・シモンの昇格がほぼ確定したことから、同チームからの125ccクラス継続参戦を選択。

「ファンタスティックな関係があり、レースに勝つレベルまで成長するのに信じられないサポートを受けた。大きな借りがある。このチームを出たくない。Moto2にステップアップしたかったけど、アスパル以外では考えられない。これは、喜んでアスパル・チームから125ccクラスに参戦するという意味」と、説明した。

Tags:
125cc, 2009, Iveco AUSTRALIAN GRAND PRIX, Bradley Smith, Bancaja Aspar Team 125cc

Other updates you may be interested in ›