初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WUP:A.デアンジェリス、上位陣を抑える

WUP:A.デアンジェリス、上位陣を抑える

6番グリッドのデ・アンジェリスが1番時計。ディ・メッリオとシモンがそれぞれトップタイムをマークした。

第15戦オーストラリアGPのウォームアップ走行は18日、フィリップアイランドで行われ、アレックス・デ・アンジェリスがトップタイムをマークした。

気温14度。路面温度19度のドライコンディションの中、6番グリッドのデ・アンジェリスが1分30秒807の1番時計を記録。

ポールポジションのケーシー・ストーナーは、0.123秒差の2番手。バレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソ、ダニ・ペドロサ、ランディ・ド・プニエ、コーリン・エドワーズの6人が1分31秒台のリズムで周回すれば、トニ・エリアス、ニッキー・ヘイデン、アンドレア・ドビツィオーソがトップ10入りした。

250ccクラスは、6番グリッドのマイク・ディ・メッリオがトップ。

エクトル・バルベラ、青山博一、マティア・パシーニ、カレル・アブラハムが続き、2番グリッドのマルコ・シモンセリは7番手。ポールポジションのラファエレ・デ・ロサは8番手。10番グリッドのアルバロ・バウティスタは12番手。公式予選で左手を骨折したジュール・クルーセルは15番手。

転倒を喫した青山周平は17番手。富沢祥也は18番手だった。

125ccクラスは、タイトルに王手がかかる3番グリッドのフリアン・シモンが1番時計。

ポールポジションのポル・エスパルガロ、エフレン・バスケス、ブラドリー・スミス、セルジオ・ガデアが続き、2番グリッドのニコラス・テロールは10番時計。

小山知良と中上貴昌は、16番手と18番手だった。

Tags:
MotoGP, 2009, Iveco AUSTRALIAN GRAND PRIX, WUP

Other updates you may be interested in ›