初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

QP:P.エスパルガロ、今季初のポールポジション奪取

QP:P.エスパルガロ、今季初のポールポジション奪取

好調エスパルガロが、タイトル争いの主役たちを抑えて、トップグリッドを獲得した。

第15戦オーストラリアGPの公式予選は17日、フィリップアイランドで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温15度。路面温度31度のドライコンディションの中、フリー走行1を制した前戦勝者のエスパルガロは、1分38秒台のリズムで周回を重ねた後、最終ラップに1分37秒770の1番時計を記録。今季初のトップグリッドを獲得した。

ランク3位のニコラス・テロールは、0.279秒差の2番手。

初タイトル獲得に王手をかけるポイントリーダーのフリアン・シモンは、3番手。1列目を確保した。

ランク2位のブラドリー・スミスは、シモーネ・コルシに次ぐ5番手。マルク・マルケス、サンドロ・コルテセ、アンドレア・イアンノーネ、ジョアン・オリベ、エステベ・ラバットがトップ10入り。

日本勢は、中上貴昌が1分39秒台のリズムを掴み、1.459秒差の14番手。小山知良は、1.467秒差の15番手だった。

Tags:
125cc, 2009, Iveco AUSTRALIAN GRAND PRIX, QP

Other updates you may be interested in ›