初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:V.ロッシ&C.ストーナーがセッションをリード

フリー走行1:V.ロッシ&C.ストーナーがセッションをリード

ポイントリーダーのロッシは、フリー走行1のセッションをリード。ストーナー、ペドロサが続き、転倒を喫したロレンソは6番手だった。

第15戦オーストラリアGPのフリー走行1は16日、フィリップアイランドで行われ、バレンティーノ・ロッシがトップタイムをマークした。

気温17度。路面温度36度のドライコンディションの中、11年連続して表彰台を獲得するポイントリーダーのロッシは、安定して1分31秒台前半のリズムで周回。1分31秒032の1番時計を記録した。

2年連続勝者のケーシー・ストーナーは、4ラップに1分31秒台に進出。ロッシと共に1分31秒台のリズムで走行し、0.135秒差の2番手に入った。

2年連続して250ccクラスのタイトルを連取した舞台に臨んだダニ・ペドロサ、来季の継続参戦に向けて存在をアピールするアレックス・デ・アンジェリス、ランク5位を狙うコーリン・エドワーズがトップ5入り。

ランク2位のホルヘ・ロレンソは、1分32秒台のリズムで走行中の終盤にローサイドから転倒。トップから1.045秒差の6番手に終われば、ジェームス・トーズランド、アンドレ・ドビツィオーソ、ミカ・カリオ、ロリス・カピロッシがトップ10入りした。

Tags:
MotoGP, 2009, Iveco AUSTRALIAN GRAND PRIX, FP1

Other updates you may be interested in ›