初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:C.ストーナー、母国3連覇達成

決勝レース:C.ストーナー、母国3連覇達成

ポールポジションのストーナーが、2年のポール・トゥ・ウインで母国グランプリ3連覇を達成すれば、ポイントリーダーのロッシは、2年連続7度目のタイトル獲得に王手をかけた。

第15戦オーストラリアGPの決勝レースは18日、フィリップアイランドで行われ、ケーシー・ストーナーが優勝。今季3勝目を飾った。

気温16度。路面温度31度のドライコンディションの中、ポールポジションのストーナーは、2ラップ目にトップに飛び出すと、レースをリード。2番グリッドからスタートしたバレンティーノ・ロッシと共に1分30秒台のリズムでバトルを展開。

高い集中力でロッシのアタックに動じなかったストーナーは、第5戦イタリアGP以来となる今季3勝目。母国グランプリ3連勝を達成した。

ポイントリーダーのロッシは、タイトル争いのライバルが開始早々に離脱した中、ポジション確保より、優勝争いを選択。12年連続の表彰台を獲得した。

3番グリッドからオープニングラップを制したダニ・ペドロサは、3戦連続の3位。シーズン9度目の表彰台を獲得。

ウォームアップ走行を制した6番グリッドのアレクス・デ・アンジェリスは、4位に入れば、5戦連続5番グリッドのコーリン・エドワーズはポジションをキープ。アンドレア・ドビツィオーソ、マルコ・メランドリ、ランディ・ド・プニエ、ミカ・カリオ、トニ・エリアスがトップ10入り。

ロリス・カピロッシは、第11戦チェコGPから導入されたエンジン台数の規則により、最後尾からスタート。ジェームス・トーズランドは、ジャンプスタートにより、ライドスルーのペナルティを受けた。

4番グリッドのホルヘ・ロレンソは、スタート直後に7番グリッドのニッキー・ヘイデンのリアタイヤに接触。バランスを崩し、転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ロッシが20ポイントを加算。270ポイントに到達し、ロレンソとのアドバンテージを38ポイント差に広げ、2連覇に王手をかけた。

次戦マレーシアGPは、来週セパンで開催。決勝レースは10月25日に行われる。

Tags:
MotoGP, 2009, Iveco AUSTRALIAN GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›