初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ:「転倒は僕のミスだ」

J.ロレンソ:「転倒は僕のミスだ」

スタート直後に転倒を喫したロレンソは、ミスを犯したことを認め、初タイトル獲得の可能性が遠退いた。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第15戦オーストラリアGPの決勝レースで4番グリッドから転倒。今季4度目の転倒リタイヤを喫した。

体調不良で迎えた週末、0.001秒差で今季初めて1列目を逃した22歳のスペイン人ライダーは、スタート直後に、ニッキー・ヘイデンのリアタイヤに接触。バランスを崩して、ハイスピードで転倒した。

「全面的に僕のミス。すごくいいスタートを切った後、ヘイデンに接近したけど、あれほど早くブレーキングするとは予想していなかった」と、転倒を振り返った。

「接触での転倒を何とか回避したけど、フロントブレーキが壊れてしまった。あの瞬間、2つのオプションがあった。真っ直ぐに突っ込むか、何とかコーナーを曲がるか。コーナーにトライしたけど、リアタイヤが耐え切れず、飛ばされてしまった。」

「鼻と指を痛めた。厳しいけど、最悪のことになるところだった。指の怪我は手術の必要はない。」

タイトル争いは、18ポイント差から38ポイント差に拡大。残り2戦での逆転劇が困難な状況となったが、「大切なのは身体。指と鼻が痛い。チャンピオンシップに勝てないことは、既に覚悟していた」と、語った。

ランク2位のロレンソは、今週末、昨年3番グリッドから転倒リタイヤしたマレーシアGPに挑戦する。

オーストラリアGPのリザルト

MotoGPクラス

2009年: 4番グリッド‐転倒リタイヤ4位
2008年: 2番グリッド‐4位

250ccクラス

2007年: ポールポジション‐優勝
2006年: ポールポジション‐優勝
2005年: 2番グリッド‐3位

125ccクラス

2004年: 2番グリッド‐2位
2003年: 5番グリッド‐8位
2002年: 22番グリッド‐転倒リタイヤ

Tags:
MotoGP, 2009, Iveco AUSTRALIAN GRAND PRIX, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›