初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

B.スミス:「チーム対応は正しかった」

B.スミス:「チーム対応は正しかった」

タイトル争いに敗れたスミスだったが、4戦連続7度目の表彰台でランク2位獲得に近づいた。

バンカハ・アスパルのブラドリー・スミスは、第15戦オーストラリアGPの決勝レースで5番グリッドから2位。ランク2位獲得に大きく前進した。

タイトル争いのライバル、フリアン・シモンのタイトル獲得を阻止するため、序盤から積極的に前に飛び出した18歳のイギリス人ライダーだったが、最終ラップに抜かれ、今季3勝目を逃しただけでなく、初タイトル獲得は来季以降に持ち越しとなった。

「計画は、フリアンに勝つこと。逃げるために、最初から全力でプッシュしなければいけないことは分かっていた。ナイスなバトルだったけど、チャンピオンシップを逃してしまったから少しがっかり。数字上の可能性がある時には、期待を持って、闘わないといけない」と、最後まで諦めずに挑戦したレースを振り返った。

「レースはナイスで、すごく楽しかった。タイトル争いは常に難しいけど、チームの対応は正しかったから、彼らに感謝したい。そして、フリアンを祝福したい。」

ランク3位とのアドバンテージを21ポイント差に広げたスミスは今週末、昨年13番グリッドから2位を獲得したセパンに挑戦する。

Tags:
125cc, 2009, Iveco AUSTRALIAN GRAND PRIX, Bradley Smith, Bancaja Aspar Team 125cc

Other updates you may be interested in ›