初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.デロサ、初表彰台で新人王争いトップへ

R.デロサ、初表彰台で新人王争いトップへ

キャリア初表彰台を獲得したデ・ロサは、新人王ランク1位に返り咲いた。

スコット・レーシングのラファエレ・デ・ロサは、第15戦オーストラリアGPの決勝レースでポールポジションから3位。新人王ランク1位に躍り出た。

2005年から125ccクラスへのエントリーを開始した22歳のイタリア人ライダーは、同チームから今季250ccクラスに進出。開幕戦で5位を獲得すると、安定したパフォーマンスを披露。前戦では、初めて転倒リタイヤを喫したが、2番手を走行。

勢いに乗って迎えたフィリップアランドでは、同クラスでは初めて、キャリア2度目のポールポジションを奪取。レース中はエクトル・バルベラとの表彰台争いを展開した。

「すごく嬉しい。もちろん、チェッカーを受けたかったけどね。125ccクラスで何度か表彰台にあと一歩まで近づいたけど、ようやく表彰台を獲得できた」と、満面の笑みで通算81戦目を振り返った。

「実は、再スタートのことを考え、転倒したライダーのことが心配だったから、表彰台を獲得したことに気づかなかった。」

「週末、そして、レースを楽しんだ。序盤はリスクを冒したくなかった。グッドなペースがあったから、その必要もなかったし、直ぐにトップライダーたちに追いついた。最後は2位を獲得するチャンスがあったけど、グレートな仕事をしてくれたチームに感謝したい。」

マイク・ディ・メッリオを1ポイント差で上回り、新人王ランク1位に返り咲いたデ・ロサは、過去4度の挑戦で完走わずか1回(28位)のセパンに挑戦する。

Tags:
250cc, 2009, Iveco AUSTRALIAN GRAND PRIX, Raffaele de Rosa, Scot Racing Team 250cc

Other updates you may be interested in ›