初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:V.ロッシ、V9達成!

決勝レース:V.ロッシ、V9達成!

マレーシア特有のスコールにより、スタート時間が遅れたレースを、ストーナーが独走で優勝。ポイントリーダーのロッシは、3位表彰台で通算9度目のタイトルを獲得した。

第16戦マレーシアGPの決勝レースは24日、セパンで行われ、ケーシー・ストーナーが優勝。バレンティーノ・ロッシが通算9度目のタイトルを獲得した。

250ccクラスの決勝レース終了後、豪雨により、36分遅れ、気温27度、路面温度22度、週末初のレインコンディションの中でスタート。

4番グリッドのストーナーは、オープニングラップを制すると、ライバルたちを一気に引き離し、最後は2位に14.666秒差のアドバンテージを広げ、2戦連続シーズン4勝目を飾った。

3番グリッドのダニ・ペドロサは、オープニングラップから2番手をキープ。4戦連続10度目の表彰台を獲得。

ポールポジションのロッシは、スタートで10番手まで後退したが、8ラップ目には、タイトル獲得に必要な4位にジャンプアップ。15ラップ目には3番手を走行していたアンドレア・ドビツィオーソの転倒により、3位に浮上した。

サイティングラップ直前にエンジンが点火しなかったホルヘ・ロレンソは、2号車に乗り換えたことから、予定していた2ラップ目にピットレーンが閉まったことから、最後尾からのスタートを強いられたが、オープニングラップで8番手に浮上。最後までロッシを追いかけ、4位でゴール。

ニッキー・ヘイデン、クリス・バーミューレン、トニ・エリアス、マルコ・メランドリ、ロリス・カピロッシ、ミカ・カリオがトップ10入り。

チャンピオンシップは、ロッシがロレンソに41ポイント差のアドバンテージを広げたことから、最終戦を残して、タイトル争いに終止符を打った。

Tags:
MotoGP, 2009, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›