初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

RACE:J.シモン、王者貫禄の6勝目

RACE:J.シモン、王者貫禄の6勝目

新王者シモンが、ランク2位を狙うスミスとのバトルを制した。

第16戦マレーシアGPの決勝レースは25日、セパンで行われ、フリアン・シモンが優勝。今季6勝目を飾った。

気温33度。路面温度48度のドライコンディションの中、2ラップ目にトップに立った2番グリッドのフリアン・シモンは、公式予選の転倒で右足を骨折した3番グリッドのブラドリー・スミスと、2戦連続して優勝争いを展開。1.114秒差で競り勝ち、新王者の貫禄を見せた。

グループによる3位争いは、朝のウォームアップ走行を制した5番グリッドのポル・エスパルガロが競り勝ち、セルジオ・ガデア、ニコラス・テロール、サンドロ・コルテセ、エステベ・ラバット、アンドレア・イアンノーネ、ジョアン・オリベが続いた。

ウォームアップ走行で転倒を喫した中上貴昌は、17番グリッドからチームメイトのロレンソ・サネティとのバトルを展開。僅少さで11位だった。

3位争いを展開していたポールポジションのマルク・マルケス、ジョナス・フォルガー、エフレン・バスケス、シモーネ・コルシはリタイヤ。26番グリッドの小山知良は、オープニングラップで21番手に浮上したが、3ラップ目にリタイヤした。

チャンピオンシップは、5戦連続8度目の表彰台を獲得したスミスのランク2位が決定。ランク3位のテロール、ランク4位のエスパルガロのポイント差が15に接近した。

Tags:
125cc, 2009, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›