初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

TSR、Moto2マシン開発&実戦デビューへ

TSR、Moto2マシン開発&実戦デビューへ

初めて世界へ挑戦してから来年20年目を迎えるTSRは、開発中のMoto2マシンで再び世界舞台へ飛び出す。

TSR(テクニカル・スポーツ・レーシング)は、今週末に開催する全日本選手権の最終戦鈴鹿MFJグランプリに、開発中のMoto2マシンを投入。実戦デビューする。

2010年からのMoto2クラスへの参戦を目指し、今春から開発に着手。先週、鈴鹿サーキット(東コース)で行われたプライベートテストで、プロトタイプマシン『TSR6(シックス)』をシェイクダウンさせた。

今週末の全日本では、テストを担当した手島雄介が、Moto2マシンを走らせる。

日本では、モリワキエンジニアが開発したMD600が2戦に参戦していた。

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›