初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ドプニエ、今季2度目の転倒リタイヤ

R.ドプニエ、今季2度目の転倒リタイヤ

昨年の転倒王ド・プニエは、今季2度目の転倒リタイヤを喫した。

LCR・ホンダのランディ・ド・プニエは、第16戦マレーシアGPの決勝レースで8番グリッドから転倒。今季2度目の転倒リタイヤを喫した。

ランク7位争いを展開する28歳のフランス人ライダーは、2戦連続の8番グリッドから2ラップ目に転倒。第9戦ドイツGP以来2度目、今季通算6度目の転倒を喫した。

「グッドレースに向けてのセッティングがあり、朝のウォームアップ走行で8番手。雨で全ての計画が台無しになってしまったけど、心配はなかった」と、上位進出に自信があったことを認めた。

「いつもウェットではグッドなリズムがある。スタート良く、1コーナーで5番手に入ったけど、2ラップ目の3コーナーで、予想外の形で、リアのコントロールを失い、宙に飛ばされてしまった。」

「何が起こったのか、どうなったのか覚えていないけど、テレビで転倒シーンを見たら、どこも骨折していなかったので良かった。」

ランク8位からランク12位に後退したド・プニエは、7ポイント差に位置する目標のランク7位獲得に向け、昨年15位だった最終戦に挑む。

最高峰クラスにおけるシーズン転倒数記録
2009年: 6回
2008年: 22回
2007年: 12回
2006年: 14回

Tags:
MotoGP, 2009, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Randy de Puniet, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›