初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハ勢、ポジティブ発進

フィアット・ヤマハ勢、ポジティブ発進

チャンピオンのロッシは4番手。ランク2位を確保したいロレンソは2番手に位置した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソは、最終戦バレンシアGPのフリー走行1で4番手と2番手だった。

2009年王者として迎えたロッシは、1分33秒台のリズムで周回。「チャンピオンとしてコースインするのは、ナイスな気分だ。ポイントのことを考えないでいい」と、感想を語った。

「今日は悪くなかった。4番手には満足していないけど、上位陣から遠くない。バイクのグッドな仕事をした。」

「セッティングを試し、最後には周回を重ねた。明日はたくさんの仕事がある。最初にハードタイヤを履いて、セッティングを探したけど、全体的にはいい仕事をした。」

スシャルヘルメットで登場したホルヘ・ロレンソは、2度目のコースインで連続16ラップを周回。最多32ラップを走行して、2番手だった。

「ここは一度も勝ったことがないトラックだから、トライしたい。今日はすごく良く、グッドなリズムで周回を重ねた」と、手応えを強調。

「ストロングな感触がある。戦闘的になれる。今夜は収集したデータを参考に働き、明日は1列目を確保したい。」

Tags:
MotoGP, 2009, GP GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›