初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

B.スピース:「このレースで証明することはない」

B.スピース:「このレースで証明することはない」

ワイルドカード参戦するスピースは、来季に向けて、経験を積む機会であることを強調した。

ヤマハ・ファクトリー・チームから最終戦バレンシアGPにワイルドカードとして参戦するベン・スピースは、週末を楽しみたいことを語った。

来季、モンスター・ヤマハ・テック3からの参戦が決定しているアメリカ人ライダーは、「この週末は来年への第一歩」と、通算3度目となる参戦に向けて、抱負を語った。

「2010年にここに戻って来ることを考えると、このワイルドカード参戦は、バイクとトラックを経験する可能性を与えてくれる。これはテストだ。」

「スーパーバイクとMotoGPを比較することはできない。電子制御、タイヤ、バイク、全てが全く違う。ヤマハのバイクだけど、全く違う。それに、レースまでに3時間しかない。これは簡単なことではない。」

初参戦でタイトルを獲得して、2009年スーパーバイク世界選手権王者として注目が高まる中、「僕の目標はレースに勝つことではない」と、経験を積む機会であることを強調。

「ロッシ、ロレンソ、ストーナーがいる。彼らはベストだ。僕はこの初レースで証明しなければいけないことはないもない。」

「バイク、電子制御、チームなど、できることを全て学習しなければいけない。エンジョイしたい。僕の2009年はほぼ終わった。トップ10入りを追及したい。それはグレートなリザルトだけど、土曜になれば、もっと分かるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2009, GP GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Ben Spies, Sterilgarda Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›