初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

QP:A.デボン、地元で今季2度目のポール奪取

QP:A.デボン、地元で今季2度目のポール奪取

地元出身のデボンがヘレス以来となる2度目のポールポジションを獲得した。

最終戦バレンシアGPの公式予選は7日、リカルド・トルモで行われ、アレックス・デボンがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温22度。路面温度27度。強風に見舞われたドライコンディションの中、地元出身のデボンが1分36秒116の1番時計を記録。第3戦スペインGP以来となるトップグリッドを獲得。

逆転タイトルを狙うマルク・シモンセリは、0.334秒差の2番手。フリー走行1を制したエクトル・バルベラが3番手で続いた。

ラタパー・ヴィライローは、4番手に進出して、今季初となる1列目を獲得。

ポイントリーダーの青山博一は、0.540秒差の5番手。タイトル獲得へ向け、明日の決勝レースを2列目から迎える。

トーマス・ルティ、カレル・アブラハム、マティア・パシーニ、アルバロ・バウティスタ、エクトル・ファウベルがトップ10入り。

フリー走行2を制したマイク・ディ・メッリオは15番手。富沢祥也と青山周平は、16番手と20番手だった。

Tags:
250cc, 2009, GP GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, QP

Other updates you may be interested in ›