初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

RACE:王者J.シモン、最終戦飾る

RACE:王者J.シモン、最終戦飾る

シモンが地元で王者の貫禄を見せる優勝を飾った。

最終戦バレンシアGPの決勝レースは8日、リカルド・トルモで行われ、フリアン・シモンが優勝。今季7勝目を飾った。

気温15度。路面温度21度。強風に見舞われたドライコンディションの中、今季7度目のポールポジションからスタートしたシモンは、3番グリッドのブラドリー・スミスと3戦連続となるバトルを展開。最終ラップを制し、転倒したヘレス、周回を間違えたカタルーニャのリベンジを晴らす地元初優勝。終盤3連勝で、シーズン7勝目を飾った。

スミスは、3戦連続の2位。6戦連続9度目の表彰台を獲得。

8番グリッドのポル・エスパルガロが3位に入り、今季5度目の表彰台を獲得した。

昨年勝者のシモーネ・コルシは、ワイルドカード参戦のマンセル・シュレッター、ジョアン・オリベ、エフレン・バスケス、サンドロ・コルテセ、ランディ・クルメンナッハとの5人による4位争いを制し、ニコラス・テロールがトップ10入り。

日本勢では、腕を負傷している中上貴昌が18番グリッドから14位。シーズン8度目のポイントを獲得すれば、足を骨折している小山知良は29番グリッドから20位で完走した。

チャンピオンシップは、シモンが獲得。ブラドリー・スミス、ニコラス・テロールが続き、中上は16位、小山は24位だった。

Tags:
125cc, 2009, GP GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, RAC

Other updates you may be interested in ›