初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・マールボロ、2010年に向けて好発進

ドゥカティ・マールボロ、2010年に向けて好発進

タイトル奪回を狙う元王者のストーナーとヘイデンは、来季に向けて順調なスタートを切った。

ドゥカティ・マールボロは9日、バレンシアオフィシャルテスト1日目に参加。来季に向けて好発進した。

ランク4位のケーシー・ストーナーは、32ラップを走行。1分32秒台を最多の6回を記録し、1分32秒660の1番時計を刻んだ。

「操縦性の向上を考えながら、ニューエンジンのセッティングを試した。今のところ、順調に進んでいる。フィードバックはスムーズ。週末に使った同じセッティングを使用して、トラクションを改善した。ポジティブだ」と、手応えを強調。

「違ったフォークも試した。全体的には満足。今日はたくさん周回せず、良い方向性に進んでいるのか理解するために集中した。イエスだと考える。明日が楽しみだ。」

終盤2戦で連続5位を獲得したランク13位のニッキー・ヘイデンは、58ラップを走行。1分33秒台のペースで周回した。

「今日はコースに出て、来季に向けて仕事を開始する準備ができていて、モチベーションが高かった。継続する方向性があったけど、初日に僕たちは大きな進歩を果たした」と、0.698秒差の5番手だった初日を振り返った。

「たくさんのタイヤがないから、ソフトとハードの2セットを使った。両方ともだいたい同じようなタイムで、公式予選にもうちょっとだった。1台のバイクは異なったエンジンとフォークが装着されていたけど、まだ始まったばかり。決定的な印象を持つにはまだ早い。全体的にはグッドなテストとなったから嬉しい。」

ドゥカティのファクトリーチームは、10日もバレンシアテストを続ける。

Tags:
MotoGP, 2009, GP GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Nicky Hayden, Casey Stoner, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›