Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、リズラ・スズキでテストデビュー

A.バウティスタ、リズラ・スズキでテストデビュー

3人の昇格組みと共に初テストを取り組んだバウティスタが、250ccマシンとMotoGPマシンの違いを語った。

リズラ・スズキのアルバロ・バウティスタは9日、バレンシアオフィシャルテスト1日目に参加。テストデビューを飾った。

初のテスト舞台は、最終戦バレンシアGP250ccクラス決勝レースで2位表彰台を獲得したリカルド・トルモ。13時31分に、大勢の報道陣に囲まれた中、スズキGSV‐Rでコースイン。52ラップを走った。

「バイクを理解するための1日だった。すごいポテンシャルがあり、走らせるのは簡単ではないけど、250ccよりも簡単だと思う。違いはトラクションコントロールと耐久性のあるタイヤ」と、感想を語った。

現役最多参戦を誇るロリス・カピロッシのアドバイスを受け、テストデビューを飾ったバウティスタは、2日目以降も走り込みを続ける。

Tags:
MotoGP, 2009, GP GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Alvaro Bautista, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›