初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ&アスパル・チーム、最高峰クラスへ始動開始

H.バルベラ&アスパル・チーム、最高峰クラスへ始動開始

逆転でランク2位を獲得したバルベラは、地元で最高峰デビューを果たした。

アスパル・チームは9日、バレンシアオフィシャルテストに参加。最高峰クラスへの挑戦が始まった。

始動開始の舞台は、チームのホームサーキット。250ccクラス最後の勝者エクトル・バルベラにとってもホームコースとなるバレンシアにリカルド・トルモとなった。

大勢の報道陣に囲まれ、ドゥカティテストチームのサポートを受けた中、23歳のスペイン人ライダーは、13時48分にコースイン。最多63ラップを走行し、1分36秒204の16番時計を記録した。

「最初は少しナーバスだったけど、すごく楽しかった。MotoGPのポテンシャルは信じられない。250とは比べることができない」と、第一印象を語った。

「全てのギアでウイリーしてしまう。コントロールなしでガスを開けることができない。ストレートはあっという間だ。」

「今日はバイクの初コンタクト。夢のようだ。今日はすごく上手く行ったから、すごく嬉しい。本当にすごくいい感じで走れた。」

「一度も4ストロールを走らせたことがないから、参考がなく、少し苦労したけど、徐々にフィーリングを掴んだ。今日が初セッションで、唯一の目標は楽しく、転ばずに走ることだった。新しいチームを知ること、アドバイスを聞くことに集中した。」

ケーシー・ストーナーが最終戦で使用したデスモセディチGP9で初ライドを行ったバルベラは、走り込みを続ける。

Tags:
MotoGP, 2009, GP GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Hector Barbera

Other updates you may be interested in ›