初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・マールボロ、上位進出でテスト締め括る

ドゥカティ・マールボロ、上位進出でテスト締め括る

ストーナーとヘイデンは、今季最後のテストで、プロトタイプマシンの進歩を確認した。

ドゥカティ・マールボロは、最終戦バレンシアGPが開催されたリカルド・トルモに延滞。3日間のオフィシャルテストに参加した。

新体制で来季への準備を始めたドゥカティのファクトリーチームは、10年型のプロトタイプマシンを投入。ケーシー・ストーナーが最終日に総合1番時計を記録すれな、ニッキー・ヘイデンは総合5番手だった。

週末の流れのまま安定した速さを見せたストーナーは、「バイクを少し理解した。天候が良かったのは気分のいい驚きで、いい仕事ができた」と、最終日を振り返った。

「3日間のテストとバイクのパフォーマンスに満足。トラクションを増すことができた。まだ、スロットルを正確に開ける時と、一瞬待つ時を理解するのが難しいけど、もう少しだ。これはセッティングと感触の問題だ。」

最終日に3番時計を記録したヘイデンは、「ものごとを確約することが必要だった中、追求していた回答を見つけられたと思う」と、収穫があったことを説明。

「投入した新しいパーツが気に入った。エンジンのレスポンスは、適したセッティングを見つけなければいけないけど、進歩を確認した。」

「僕たちはいい方向性にあると思う。重要な3日間で、次のテストに向けて準備ができ、ベストライダーたちのタイムに近づいたと思う。」

ドゥカティ・マールボロは、バカンスに入り、2月4日からのセパンオフィシャルテストまで、コースでの活動を休止する。

C.ストーナー
公式予選: 1分32秒256
1日目: 1分32秒660 (32ラップ)
2日目: 1分32秒195 (44ラップ)
3日目: 1分31秒900 (35ラップ)

N.ヘイデン
公式予選: 1分33秒154
決勝レース: 1分33秒865
1日目: 1分33秒358 (58ラップ)
2日目: 1分32秒981 (84ラップ)
3日目: 1分32秒805 (40ラップ)

Tags:
MotoGP, 2009, GP GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Nicky Hayden, Casey Stoner, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›