初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、来季に向けて左鎖骨を手術

J.ロレンソ、来季に向けて左鎖骨を手術

ロレンソは、ウインターブレーキを利用して、鎖骨を固定していたプレートの除去手術を受けた。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは16日、バルセロナ市内の病院で左鎖骨を手術。10日間の安静が必要となる。

2005年6月の第6戦カタルーニャGPの決勝レースで、2番グリッドから7人による優勝争い中の11ラップ目に、アレックス・デ・アンジェリスと接触。転倒を喫した際に左肩を強打して、左鎖骨を骨折すると、同年12月のバレンシアテストで再び同じ箇所を骨折していた。

今回の手術は、患部を固定してあったチタン製プレートの除去。10日後の抜糸まで、左肩を安静にする。

ロレンソは、今月末にプロモーション活動のため、東南アジアの訪問を予定している。

Tags:
MotoGP, 2009, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›