初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポンス・カレックス、バレンシアでシェイクダウン

ポンス・カレックス、バレンシアでシェイクダウン

ポンス・カレックスがプロトタイプマシンをシャイクダウン。順調なスタートを切った。

ポンス・カレックスは、先週リカルド・トルモで行われたオフィシャルテストに参加。開発中のプロトタイプマシンをシャイクダウンさせた。

ポンス・レーシングと

ポンス・カレックスは、先週リカルド・トルモで行われたオフィシャルテストに参加。開発中のプロトタイプマシンをシャイクダウンさせた。

ポンス・レーシングとカレックス・エンジニアリングのコラボレーションにより、最終戦に初披露した開発中のプロトタイプマシンを、アレックス・ポンスが初走行。

「バイクが完璧に機能し、問題が何も発生しませんでしたので、我々は大変満足しています」と、チームマネージャーのシト・ポンスは初テストを評価した。

「タイムをマークする準備は、全くしていませんでした。テレメトリーを装着していませんでしたが、バイクを発表した後で、初走行を実行することを望み、全てが順調でした。」

ポンス・カレックスは、12月9日から2日間、同舞台で2度目のテストを予定している。

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›