初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ドプニエ、左足首を再手術

R.ドプニエ、左足首を再手術

8月に左足首を骨折したド・プニエは、来季に向けて再手術を受けた。

LCR・ホンダのランディ・ド・プニエは20日、フランス国内で左足首の手術を受けた。

8月1日にモトクロストレーニング中に転倒を喫し、左足首を骨折した28歳のフランス人ライダーは、7本のボルトで患部を固定する手術を受け、第11戦チェコGPに強行出場。最終戦まで痛みに耐えながら、連続参戦記録を伸ばしていた。

今回の手術は、埋めていたボルトの除去。来年2月のテストに向けて、リハビリを始める。

「簡単で直ぐに終わった手術だった。あの転倒の後、バイクのパフォーマンスを最大限に引き出すために懸命に働いたけど、痛かった。レースが終わると、足首が腫れ上がっていたけど、今は普通の大きさに戻ったから嬉しい」と、説明。

「18日後に抜糸して、それから、セパンに向けて、リハビリを開始するつもりだ。」

ド・プニエは、来年2月4日からのオフィシャルテストに参加を予定している。

Tags:
MotoGP, 2009, Randy de Puniet, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›