初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、ファンクラブの前でヤマハ継続参戦を強調

J.ロレンソ、ファンクラブの前でヤマハ継続参戦を強調

ファンクラブ主催のパーティーに出席したロレンソが、2011年もヤマハで参戦する希望を明かした。

ホルヘ・ロレンソは週末、バルセロナ市内でファンクラブが主催したディナーパーティーに出席。来季への抱負を語った。

スペイン各地から150人を超えるファンが集まった中、契約満期となる2010年以降について聞かれた22歳のスペイン人ライダーは、「様子を見たい。4人のライダーが同じ年に契約が終わる。全てのプロセスが興味深いけど、僕を信頼してくれたヤマハが最優先だ」と、延長契約がプライオリティであることを説明。

「彼らとの仕事が気に入っている。とにかく、ネバーとは決して言わない。バレンティーノが2011年にどうしようと僕は気にしない。彼が一緒でも、一緒でなくても、同じように仕事に取り組む。」

バレンシアで初テストした10年型プロトタイプに関して、戦闘力が増したことを認めた。

「ニューマシンの第一印象は、すごくポジティブ。戦闘的なタイムだった。コンマ数秒伸ばしたことに喜ばないといけない。ヤマハの仕事にも満足。次のテストには、もう少しポテンシャルがある新しいエンジンが投入される。」

ロレンソは、ヤマハのイベントに参加するため、月末にインドネシアを訪問。その後、バリでバカンスを楽しむ。

Tags:
MotoGP, 2009, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›