初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ADV・アドバンスド・テクノロジーがオリジナルマシンで参戦

ADV・アドバンスド・テクノロジーがオリジナルマシンで参戦

ADV・アドバンスド・テクノロジーがWTR・サンマリノとのコラボで、Moto2クラスに挑戦する。

ADV・アドバンスド・テクノロジー・オブ・モナコは4日、Moto2プロジェクトを発表。WTR・サンマリノ・チームとのコラボレーションにより、独自に開発しMoto2マシンで参戦する。

オリジナルマシンAT02は、CRP・テクノロジーとの共同開発により、F1マシンなどの開発に投入されているウインドフォームを使用。製造のスピードアップを図る。

ライダーには、125ccクラスと250ccクラスの参戦経験があり、イタリア選手権SS600にエントリーしていたアレッサンドロ・ブラネティを起用。

12月9日から2日間、バレンシアで初テストを実施する。

WTR・サンマリノ・チームは、Moto2クラスに1人、125ccクラスに1人を起用する予定。スペイン選手権125ccクラスの終盤2戦に、今季初起用したヨハン・ザルコが来季のテストを兼ねてスポット参戦していた。

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›