初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バレンシアで合同テスト開始

バレンシアで合同テスト開始

バレンシアにMoto2クラスの4チームがテストのために集結する。

来季からスタートするMoto2クラスに向け、4チームがバレンシアのリカルド・トルモに集結。9日から2日間のテストを実施する。

アスパル・チームは、当初アプリリアの車体を使用する予定だったが、今回のテストでは、ホンダBQRを使用。マイク・ディ・メッリオとフリアン・シモンは、スペイン選手権最終戦前に既に同プロトマシンをテストした経験があり、2日目には、ポンス・カレックスをテストすることも予定されている。

ポンス・カレックスは、アレックス・ポンスに加え、セルジオ・ガデアを召集。当地で行われた最終戦後のテスト以来2度目のテストとなり、今回から本格的な走行を開始する。

イタルトランス・STRは、ロベルト・ロルフォが登場。3週間前には、当地で開催されたスペイン選手権最終戦に参戦し、実践でシューター製のプロトタイプマシンを走らせ、データ収集していた。

今月1日にシェイクダウンを行ったばかりのテック3は、ラファエレ・デ・ロサが初テストを行う。

12月は通常テスト中止期間だが、Moto2クラスは来季からスタートすることから、特別にテストが許可されている。

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›