初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バレンシア合同テスト1日目:4チーム6人がテスト参加

バレンシア合同テスト1日目:4チーム6人がテスト参加

デ・ロサとガデアがテストデビュー。アスパル・チームは、ホンダBQRのプロトタイプを使用した。

Moto2クラスの合同テストは9日、バレンシアのリカルド・トルモでスタート。4チーム6人が参加した。

好天候に恵まれた中、アスパル・チーム、テック3、ポンス・カレックス、イタルトランス・STRは、テスト開始の10時から1時間後の11時から17時まで、意欲的にテストプログラムに取り組んだ。

今月1日にシェイクダウンを行ったばかりのテック3は、ラファエレ・デ・ロサが初テストを実施。

1ヶ月前に当地で初走行を行ったポンス・カレックスは、セルジオ・ガデアを召集。アレックス・ポンスと共に周回を重ねた。

アスパル・チームは、再びブルセンス・BQRがスペイン選手権で使用したホンダBQRを使用。

新125cc王者フリアン・シモンは、8~10ラップの連続走行を実行。63ラップを周回し、1分38秒前半のリズムを刻めば、前125cc王者のマイク・ディ・メッリオは、ギアとフロントブレーキに問題を抱えながら、50ラップを走行した。

合同テストは、当地で10日まで行われる。

非公式ラップタイム
1. J.シモン(ホンダBQR): 1分37秒9
2. R.ロルフォ(シューター): 1分38秒7
3. M.ディメッリオ(ホンダBQR): 1分39秒3
4. R.デロサ(テック3): 1分39秒6
5. A.ポンス(カレックス): 1分39秒9
6. G.ガデア(カレックス): 1分41秒2

スペイン選手権最終戦バレンシア・ラウンド
D.リバス(ホンダBQR): 1分37秒270

2009年最終戦バレンシアGP250ccクラス
ポールポジション: 1分36秒116
ファウステストラップ: 1分36秒866

バレンシアGP
サーキットレコードラップ: 1分35秒659
サーキットベストラップ: 1分35秒109

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›