初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チーム・WTR、2人のフランス人ライダーを抜擢

チーム・WTR、2人のフランス人ライダーを抜擢

WTRは、2人のフランス人ライダー、ザルコとデービズを起用する。

チーム・WTRは28日、来季の体制を発表。2年連続の2クラス参戦に向けて、125ccクラスにヨハン・ザルコ、Moto2クラスにバレンティン・デービスを起用する。

125ccクラスには、レッドブル・ルーキーズ・カップの初代王者ザルコを継続起用。今季同チームからエントリーを開始すると、第5戦イタリアGPでは最高位6位を獲得。総合20位に入った。

11月にはスペイン選手権にスポット参戦すると、ヘレスで優勝。バレンシアでは2位に入り、今回2年契約を結んだ。

Moto2クラスには、今季CIP・Moto‐GP250からワイルドカード参戦を繰り返し、第7戦TTアッセンからレギュラーライダーに昇格したデービズと合意。

来季に向けての初テストとなった12月上旬のバレンシアテストでは、テストライダーに起用されているイタリア人ライダーのアレッサンドロ・ブラネティが、ADV・アドバンスド・テクノロジーが開発するプロトタイプマシン、AT02をシェイクダウンさせていた。

Tags:
125cc, 2009, WTR San Marino Team

Other updates you may be interested in ›