FP1:A.バウティスタ&青山博一がセッションリード

Moto2™ is powered by
Friday, 1 May 2009

前戦日本GPで優勝争いを演じた両雄、バウティスタと青山が初日からタイムバトルを展開した。

第3戦スペインGPのフリー走行1は1日、ヘレス・サーキットで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマークした。

気温26度。路面温度36度のドライコンディションの中、前戦勝者のバウティスタは最多の22ラップを走り、1番時計の1分43秒429を記録。昨年最終ラップで接触転倒したグランプリで、好発進した。

セッション開始から安定したタイムを刻んだ青山博一は、最終ラップの最終コーナーで他車に引っかかってしまい、0.109秒差の2番手。

トーマス・ルティ、マティア・パシーニ、ガボール・タルマクシ、カレル・アブラハム、マイク・ディ・メッリオが続いた。

3月下旬のオフィシャルテストで1番時計を記録した08年王者のマルコ・シモンセリは、1号車に電子制御のトラブルが発生。2号車に乗り換えて、8番手。エクトル・バルベラ、アレックス・デボンがトップ10入り。

富沢祥也は、トップから2.156秒差の17番手だった。

250ccクラスのフリー走行2は、現地時間の2日11時05分。日本時間の18時05分にスタートする。

TAGS

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising