FIM、新レギュレーション変更を発表

Wednesday, 18 February 2009

FIMは、タイムスケジュール、エンジン台数、電子制御、事後テストに関して、レギュレーションの変更を発表した。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は18日、GPコミッションの決定を受け、次のようなレギュレーション変更を発表。2009年シーズンから施行する。

1. タイムスケジュール(スタンダード)
金曜
13:05~13:45 125ccクラス フリー走行1
14:05~14:50 MotoGPクラス フリー走行1
15:05~15:50 250ccクラス フリー走行1
土曜
09:05~09:45 125ccクラス フリー走行2
10:05~10:50 MotoGPクラス フリー走行2
11:05~11:50 250ccクラス フリー走行2
13:05~13:45 125ccクラス 公式予選
14:05~14:50 MotoGPクラス 公式予選
15:05~15:50 250ccクラス 公式予選
日曜
08:40~09:00 125ccクラス ウォームアップ走行
09:10~09:30 250ccクラス ウォームアップ走行
09:40~10:00 MotoGPクラス ウォームアップ走行
11:00~ 125ccクラス 決勝レース
12:15~ 250ccクラス 決勝レース
14:00~ MotoGPクラス 決勝レース

2. 第11戦チェコGPから、4レースで最大5台のエンジンを使用することができる。パーツの変更は、日々のメンテナンス以外では、認められない。

3.  セラミック複合材料によるブレーキディスク、またはブレーキパッドは、認められない。

4. ラウンチ・コントロール・システムは、認められない。

5. エレクトリニック・サスペンション・システムは、認められない。

6. 開発を目的とした2度の事後テスト、第6戦カタルーニャGPと第11戦チェコGP後のテストでは、テストライダーだけを起用することが認められる。

TAGS 2009

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising