フリー走行1:D.ペドロサ、1番時計を記録

motogp indianapolis pedrosa free practice
Friday, 28 August 2009

8週間前にラグナセカで開催された第8戦アメリカGPで優勝したペドロサが1番時計を刻めば、ヘイデンが2番手。ポイントリーダーのロッシは3番手に入った。

第12戦インディアナポリスGPのフリー走行1は28日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度28度のウエットコンディションの中、ランク4位のペドロサは、6ラップ目に1分51秒507の1番時計を記録。今季優勝を挙げたアメリカで、再び好パフォーマンスを見せた。

地元出身のニッキー・ヘイデンは、最多24ラップを走行。最終ラップに、0.155秒差の2番手に浮上。

セッション開始から21分後にコースインしたポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは、16ラップを走行。0.307秒差の3番手に入れば、ホルヘ・ロレンソ、アレックス・デ・アンジェリス、ジェームス・トーズランド、ロリス・カピロッシ、コーリン・エドワーズ、アンドレア・ドビツィオーソ、マルコ・メランドリがトップ10入り。

左足首を負傷しているランディ・ド・プニエは、転倒を回避するため、9ラップでセッションを切り上げれば、デビュー戦となるアレックス・エスパルガルは、15番手だった。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising