初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レーシング・チーム・ジャーマニー、ドイツ人王者を抜擢

レーシング・チーム・ジャーマニー、ドイツ人王者を抜擢

Moto2クラスにドイツ人ライダーの参戦が決定した。

レーシング・チーム・ジャーマニーは15日、Moto2クラス参戦に向けて、アルネ・トーベを起用することを発表した。

昨季初参戦したドイツ選手権スーパーバイククラスでランク5位、2年前には同選手権スーパースポーツでタイトルを獲得したトーベは、11月下旬に同チームからテストに参加。13日に2年契約を結んだ。

元250ccクラスライダーで、チームマネージャーを務めるデューク・ヘイドルフは、「我々の250ccチームに来ることを望み、この2年間、彼と交渉を持っていました。昨年の中頃から、Moto2プロジェクトについて話し合いを進めました」と、契約に至った経緯を説明。

「我々はドイツチーム。ドイツ人ライダーを起用したかったです。アルネがグレートなタレントの持ち主であることを確認しました。FTRを使用したテストでは、本当に速かったです。」

世界舞台に初挑戦するトーベは、「Moto2へのスイッチは、僕にとってビックチャンス。4ストロークマシンの経験があり、チャンピオンシップの難しさを知りたい。みんながどのようなスタートを切るのか興味がある」と、抱負を語った。

バイクは、シューター製のプロトタイプを選択。1月下旬にテストを予定している。

125ccクラスの体制に関しては、決定次第発表する。

Tags:
Moto2, 2010

Other updates you may be interested in ›