初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.シモン:「RSVはグレートなオプションだ」

J.シモン:「RSVはグレートなオプションだ」

125ccクラス王者シモンは、RSVの選択に太鼓判を押した。

アスパル・チームのフリアン・シモンは先週、スペインの首都マドリードで行われた第3戦スペインGPの開催発表会に出席。Moto2クラス参戦に向けて、ハードなトレーニングを積んでいることを説明した。

125ccクラス王者として、中量級に挑戦する23歳のスペイン人ライダーは、「この冬はフィジカルトレーニングに集中している。ランニング、モトクロス、サイクリング、ジムとハードワークの毎日だ」と、説明。

「Moto2マシンは、125ccよりも、250ccよりも重い。重さに耐えるためにパワーアップを図っている。初テストにベストなコンディションに持って行けるように、スペシャルプログラムに取り組んでいる。」

シモンが所属するスパニッシュチームは、今月19日にRSV製のプロトタイプマシンを使用することを発表。

「すごく嬉しい。5メーカーのプロトタイプマシンをテストする機会があり、グッドなリザルトを保障するために、ホルヘ(・マルティネス・アスパル)とチームと一緒になって使用するマシンを決めた。」

「600ccと4ストロークの経験が豊富であることから、グレートなオプションだと信じて、RSVを最終的に選択した。」

「スペクタクロなチャンピオンシップになるだろう。タイトル争いという僕たちの目標に向けて、1戦ごとにベストな仕事をするつもりだ。」

アスパル・チームは、2月中旬にカタルーニャ・サーキットで初テストを予定している。

Tags:
Moto2, 2010, Julian Simon

Other updates you may be interested in ›