Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソ:「トップ4に加わるために働く」

A.ドビツィオーソ:「トップ4に加わるために働く」

ランク6位のドビツィオーソは、トップ4に追いつくことをターゲットに設定した。

レプソル・ホンダのアンドレア・ドビツィオーソは、2月4日からのオフィシャルテストを前に、テストとシーズンの目標を説明した。

最高峰クラス3年目、同チームから2年目を迎える24歳のイタリア人ライダーは、「2009年は幾つか問題があり、大きな失望だったけど、経験を積み、そこから成長しなければいけない。トップ4に加わるために、グローバルな仕事に取り組むつもりだ。HRCで走る。これは全てを獲得できるということだ」と、意気込みを語った。

「準備OKだ。早く始めたい。好きなコースで、新しいマテリアルの仕事に取り掛かる。本当に興味深い。やることがたくさんあるけど、僕自身に大きなパワーを感じる。目標は昨シーズンよりもベストにすること。特にバイクのフィーリングを良くすることだ。」

「新しい電子制御が導入されるけど、僕のライディングスタイルに合わさないと。改良されたシャーシとマフラー、そして、ベストセットなアップ。テストの日数があまりないけど、やるべき仕事のために、最大限に活かさないと。」

6人の新人が加入する新シーズンの展開について、「今年のレベルは確かに高くなる。トップ4だけでなく、そのレベルに達する能力のあるライダーたちがいる。ルーキーたちはタレント揃いだけど、経験なしでは重要なリザルトの獲得は難しい。今日のMotoGPは走らせるのは難しいけど、ほぼ全員が上手く走らせることができる」と、分析。

2012年からの新規定導入に関しては、「詳細が決定したら、分析しよう。個人的には反対ではない。今回の変更はコスト削減のためであって、そうでなければ、変更の意味がない」と、意見を述べた。

「1000ccを試乗したことがあるけど、一度もレースをしたことがない。経験のあるライダーたちとのアドバンテージは小さいだろう。大きなギャップはないと思う。」

最後に、この冬にチララという名の長女が生まれたことについて、「スペシャルで、すごく美しいこと。幸せだ。新しいレギュレーションのおかげで、家にいる時間が許され、すごく楽しんでいる。僕にエネルギーを与えれくれる」と、喜んだ。

ドビツィオーソは、セパンで行われる来月4日からのオフィシャルテストに向けて、フィジカルトレーニングに集中している。

Tags:
MotoGP, 2010, Andrea Dovizioso, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›