初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ロカテリ、引退して指導者へ

R.ロカテリ、引退して指導者へ

ロカテリが現役生活に終止符を打ち、ヤングライダーを指導する。

FMIイタリア連盟は27日、ロベルト・ロカテリがジュニア・GP・FMIのスポーティング・テクニカル・コーディネーターに就任したことを発表した。

35歳のイタリア人ライダーは、1994年にワイルドカードで世界舞台に初登場すると、翌年からフル参戦を開始。15年間、125ccクラスと250ccクラスに参戦してきた。

通算224戦目となった2009年最終戦バレンシアGPを最後に現役から引退することとなったロカテリは、「僕にとって、今日新しい扉が開いた。ヤングタレントたちと一緒に働く連盟チームのコーディネーターに魅力がある。二輪に対する情熱とプロフェショナルな姿勢を信頼してくれた連盟会長のパオロ・セスティとグループ・ピアジオのジャンピエロ・サッキに感謝したい」と、新天地への抱負を語った。

Tags:
125cc, 2010, Roberto Locatelli

Other updates you may be interested in ›