初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ワールドワイドレース、5人を起用

ワールドワイドレース、5人を起用

若手育成を目指すイタリアンチームが過去最大の5人を起用する。

ワールドワイドレースのチームオーナー、フィオレンソ・カポネラは、2010年シーズンに5人のヤングライダーを起用することを説明した。

昨季は、上位に進出したアンドレア・イアンノーネ、新人王に輝いたジョナス・フォルガー、2年目を迎えた中上貴晶を起用。

新季は、後半戦開幕前に延長契約を決めたフォルガーを筆頭に、ロンシン・レーシングから参戦していたアレックス・マスボー、CBC・コルセのルカ・マルコーニ、ルーキーズカップ2位のストゥーラ・ファーガーバーグ、マレーシア出身のモハメド・ズルファミ・カイルディンを起用する。

「今年のプロジェクトは、ボローニャ近郊のフィジカルテストからスタートし、各ライダーに適したトレーニングプログラムを設定しました。現在はウインタートレーニング中で、フィジカルトレーニングを中心にモトクロス、スーパーモタード、ジムで鍛えています。英会話もこのプログラムに含まれています」と、若手育成計画を説明。

「フォルガー、 マルコーニ、ファーガーバーグ、 ズルファミはイタリアに滞在。マスボーは我々の協力者と共にスイスでプログラムを消化しています。」

初の5人体制に関しては、2チームで活動することを説明。

「まだ100%決まっていませんが、 ファーガーバーグとズルファミがジュニアチームに入り、彼らよりも経験がある3人がもう1チームを結成します。」

昨季のマレーシアGPでワイルドカード参戦したズルファミは、スペイン選手権の最終戦に同チームからスポット参戦。

「彼にはあまり厳しくないプログラムを設定しました。環境に慣れるためです。我々の目標は全戦で予選を通過し、2年目に向けて準備をすることです。」

ワールドワイドレースは、アプリリアRSAを1台準備。フォルガーが使用すれば、他の4人はRSで参戦を予定している。

Tags:
125cc, 2010

Other updates you may be interested in ›