初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハ、2010年プロジェクトを発表

フィアット・ヤマハ、2010年プロジェクトを発表

昨季3冠を達成したヤマハのファクトリーチームが、セパンで2010年プロジェクトを発表する。

フィアット・ヤマハは4日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで行われる今年初のMotoGPオフィシャルテストで、2010年体制を発表する。

昨季3冠を達成したファクトリーチームは、現地時間の18時30分からプレスカンファレンスを行い、リン・ジャービス、ダビデ・ブリビオ、ウィルコ・ズィーレンベルグ、北川成人、中島雅彦らが出席。

19時からは、王者バレンティーノ・ロッシとランク2位ホルヘ・ロレンソが登場。

さらに、19時30分からはサテライトチーム、モンスター・ヤマハ・テック3のコーリン・エドワーズ、ベン・スピースも会見に姿を見せる。

モーターレーシング・マーネジメント・ダイレクターのジャービスは、「昨年は長年のヤマハレース活動にとって、最も大きな成功を収めたシーズンでした。あのようなパフォーマンスを継続するのは大変困難なことですが、今年もトライします。幸運にも昨年同様にバレンティーノとホルヘというファンタスティックなラインアップを起用するので、トラックでの仕事が始まるのが楽しみです」と、記者会見を前に抱負を語った。

「ヤマハは世界的な不況の影響から逃れることはできませんが、MotoGP活動は、企業のリカバリープランの一部として重要です。MotoGPプログラムは、ブランドイメージのプロモーション活動において非常に重要であり、トップレベルで成功を収めれば、技術力、組織力、情熱という企業力を世界中に証明できます。」

「我々は幸運なことに、今日までサポートしてくれたスポンサーに加え、新たなスポンサーの支援を受けることになりました。我々のタイトルスポンサーであるフィアットは4年目となります。ペトロナス、パッカードベル、ヤマルーブはチームスポンサーを継続します。さらに、ヤマハ・インドネシアとイヴェコが加わります。インドネシアは、ヤマハにとって現在最も重要な市場です。また、全てのテクニカルスポンサー、サプライヤーとも関係を継続します。」

フィアット・ヤマハは4日、2010年型YZR‐M1のニューイメージを初披露した。

Tags:
MotoGP, 2010, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›