初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

BQR、カタール&コロンビア体制を発表

BQR、カタール&コロンビア体制を発表

スペイン選手権で参戦準備を進めてきたBQRは、異色な体制で挑戦する。

BQRは4日、Moto2クラスに参戦する2010年体制を発表。カタール人ライダーとコロンビア人ライダーを起用する。

カタール人として、チャンピオンシップ史上初参戦となる26歳のマシェル・アル・ナイミ は、グランプリを開催するために、国内で初めて建設されたサーキット、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催する国内選手権を5連覇しただけでなく、スペイン選手権や鈴鹿8耐に参戦。4ストロークマシンの経験がある。

「経験豊富なチームで働けることにワクワクしている。初参戦だ。これはキャリアにおいて、大きなステップアップを意味する。カタール連盟とカタール・テレコムに感謝したい。カタール人初のライダーになることに誇りを感じる」と、喜びを語った。

史上2人目のコロンビア人ライダー、21歳のヨンニ・エルナンデスは、国内でモトクロスとスーパーモタードのタイトルを獲得した後、2008年にスペインに渡り、2009年にはロードレースに転向。初参戦したスペイン選手権スーパースポーツクラスでランク4位を獲得した。

「合意できて本当に嬉しい。僕を信頼してくれたチームに感謝したい。コロンビアにたくさんの喜びをもたらしたい」と、意気込みを語った。

スパニッシュチームは、電機メーカーのブルセンス社に加え、運送会社のSTXグローバルサービス社との間でタイトルスポンサーに関して合意。チーム名を、ブルセンス‐STXとして活動を開始。

初テストは、2月17日。カタルーニャ・サーキットで3日間の合同テストに参加を予定している。

Tags:
Moto2, 2010

Other updates you may be interested in ›