初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

サンカルロ・ホンダ・グレシーニ、次回テストに期待

サンカルロ・ホンダ・グレシーニ、次回テストに期待

2週間後の次回テストに向けて、2人のマルコは収穫があったことを説明した。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのマルコ・メランドリとマルコ・シモンセリは5日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた今年初のオフィシャルテストを終了。次回テストに期待を高めた。

初日にセッティングの方向性を間違えたことを認めたメランドリは、ジオメトリーとサスペンションを中心にテストプログラムを進めた。

「適したバランスとフロントのフィーリングを見つけるためにジオメトリーの仕事に取り組み、将来に役立つポジティブとネガティブのセッティングを見つけた。サスペンションの仕事も進めたけど、まだやるべきことがある」と、テスト内容を説明。

「今回の内容から、次回に向けて、グッドなテストプランを準備することができる。雨が降ってしまったのは残念。新しいタイヤが残っていたし、1時間テストを早く切り上げることになったけど、重要なのは正しい方向性を見つけること。最後にそれが見つかったから、次のテストには自信がある。」

12月下旬に当地で3日間のテストを実施して、2分03秒29を記録したシモンセリは、2日目に転倒を喫したが、タイムアップに成功。

「バイクが正確に機能せず、タイムロスしてしまったから、難しい2日目のスタートとなってしまい、その後にクラッシュしてしまった。新しいタイヤに履き替えて、コースインしたけど、半周ほどしたら、また問題が出たから、テクニカルチェックをしてからコースに戻った。最初の左コーナーで十分に注意していたけど、振り落とされてしまった」と、初の転倒を説明。

「路面に叩きつけられた。今考えるとラッキーだった。もっと悪い状態になっていたかもしれなかったから。」

「仕事に戻った午後から物事が上手く進み、昨日よりも上手く走れ、感触も良かった。これから次のテストに向け、僕たちのアイデアを整理しなければいけないから、士気を高めて、イタリアに戻るつもりだ。」

サンカルロ・ホンダ・グレシーニは、2月25日からのオフィシャルテストに参加する。

M.メランドリ
1日目:2分03秒609 (28ラップ)
2日目:2分02秒810 (55ラップ)

M.シモンセリ
1日目:2分03秒563 (54ラップ)
2日目:2分03秒245 (56ラップ)

2009年第16戦マレーシアGP
ポールタイム: 2分00秒518
ファーステストラップ: 2分13秒649

サーキットレコードラップ: 2分02秒108
サーキットベストラップ: 2分00秒518

Tags:
MotoGP, 2010, Marco Simoncelli, Marco Melandri, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›