初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハ、1番手&3番手発進

フィアット・ヤマハ、1番手&3番手発進

3年連続3冠を目指すフィアット・ヤマハのロッシとロレンソが、1番時計と3番時計を記録した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソは5日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた今年初のオフィシャルテストを終了。タイムボードの上位に進出した両雄が満足感を説明した。

2日間連続の1番時計を記録したロッシは、「2日目はすごく良かった。雨で2時間ほどタイムロスしてしまったけど、全ての仕事を終えることができた」と、予定していたプログラムを消化できたことに満面の笑みを見せた。

「ベストなセッティングを見つけるために、ニューマシンの仕事に取り組み、僕たちが一番速かった。それが嬉しい。これは単にテストだけど、僕にとっては重要だ。」

「次回のテストでは幾つか新しいことがあるけど、既に僕たちはファーストでストロングだ。まだ改善の余白があり、セパンは常にヤマハにとってグッドなコースだから、僕たちのレベルをきちんと確認するには、カタールのテストまで待たないと。だけど、これはグレートなスタートだ。」

テスト2日目に連続20ラップのロングランを実行したロレンソは、「今日はすごくいい感じで、直ぐに速く走ることができた。昨日はロングブレークの後だったから、走ることを少し忘れてしまって、多少の時間が必要だったけど、今日はすごく良かった」と、リズムを掴んだことを説明。

「僕自身のパフォーマンスとニューマシンのフィーリングに満足。ヤマハは、大幅な変更なしにバイクを進歩させた。これは最善の手段だ。シャーシとエンジンのグッドな調整をして、僕たちのリズムが良くなった。」

「開幕までにテスト日数がない。グッドな仕事を続けるために、次のテストも最大限に活かさないと。」

フィアット・ヤマハは、2月25日からのオフィシャルテストに参加する。

V.ロッシ
1日目:2分01秒411 (54ラップ)
2日目:2分00秒925 (32ラップ)

J.ロレンソ
1日目:2分02秒165 (57ラップ)
2日目:2分01秒680 (60ラップ)

2009年第16戦マレーシアGP
ポールタイム: 2分00秒518
ファーステストラップ: 2分13秒649

サーキットレコードラップ: 2分02秒108
サーキットベストラップ: 2分00秒518

Tags:
MotoGP, 2010, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›