初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.チェッキネロ:「ニューマシンはワーク・オブ・アート」

L.チェッキネロ:「ニューマシンはワーク・オブ・アート」

チェッキネロは、サテライトマシンがファクトリーマシンに近いことを喜んだ。

LCR・ホンダのチームマネージャー、ルーチョ・チェッキネロは、今年初のオフィシャルテストを終え、10年型RC212Vを「ワーク・オブ・アート」と評価した。

最高峰クラス5年目に挑戦するイタリアンチームは、HRCでのワークショップを経て、セパン入り。2日間のテストに取り組んだ。

HRCは、サテライトチームに対して、ファクトリーのプロトタイプマシンに非常に近いモデルを準備したことについて、「方針変更はポジティブです」と、手放しで喜んだ。

「我々は全く新しいバイクを使用します。バイクはワーク・オブ・アートです。非常に小さなことまで細心の注意を払われ、アジャストの可能性が大きいです。」

「トラクションコントロールシステムの新しいソフトウェアマネージメントプログラムと燃料消費のパラメーターなどがあり、ソフトウェアは非常に困難ですから、エンジニアたちは楽しめるでしょう。」

「バイクは縮小化され、重量配分が異なります。トラクションを増すために重量が後方に配置され、中心部が高くなりました。現状、ランディに適したセッティングを見つけなければいけないために、多くの仕事に取り組んでいます。」

「チャタリングの問題を解決するために、仕事を継続します。ホンダと一緒に仕事を始めてから初めの問題です。足回りのセッティングを続けます。」

LCR・ホンダは、2月25日からのオフィシャルテストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2010, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›