初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

125ccクラス合同テスト:N.テロール、新天地で好発進

125ccクラス合同テスト:N.テロール、新天地で好発進

アスパル・チームに移籍したテロールが、挨拶代わりの1番時計を記録した。

125ccクラスの合同テスト2日目は18日、バルセロナ郊外のカタルーニャ・サーキットで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

1日目はウェットコンディションだったため、走行をキャンセルしたテロールは、新天地のバンカハ・アスパルで1番時計を記録すれば、初日を制したエフレン・バスケスは、2度の転倒を喫しながら、2番手に進出。

1日目に17歳の誕生日を迎えたマルク・マルケスは、転倒を喫したが、大事には至らなかった。

合同テストは、19日まで行われる。

非公式ラップタイム2日目

1. N.テロール (アプリリア): 1分53秒2
2. E.バスケス (デルビ): 1分53秒5
3. P.エスパルガロ (デルビ): 1分53秒6
4. B.スミス (アプリリア): 1分53秒8
5. E.ラバット (アプリリア): 1分53秒9
6. M.マルケス (デルビ): 1分54秒0
7. A.モンカヨ (アプリリア): 1分54秒8

ラップタイムはチームからの提供

Tags:
125cc, 2010

Other updates you may be interested in ›