初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

Moto2クラス合同テスト:高橋、富沢、シモンが制す

Moto2クラス合同テスト:高橋、富沢、シモンが制す

Moto2クラス元年に向けての合同テストで、高橋、富沢、シモンの3人が1番時計を記録した。

Moto2クラスの合同テスト3日目、最終日は19日、バルセロナ郊外のカタルーニャ・サーキットで行われ、高橋裕紀、富沢祥也、フリアン・シモンがトップタイムをマーク。3日間の総合も3人が制した。

昨夜の雨の影響を受けたウェットコンディションの中、ポンス・レーシングのセルジオ・ガデアとアクセル・ポンス、ブルセンス‐STRのマシェル・アル・ナイミとヨンニ・エルナンデェス、キーファー・レーシングのステファン・ブラドルとウラジミール・レオノフがテストを開始。

コースコンディションが回復した15時過ぎから、全ライダーたちがコースインすると、テスト終了の17時前に、MotoGPクラスと鈴鹿8耐の経験を活かして、テック3のオリジナルマシンの開発に着手する高橋、250ccクラスから継続して、最多13台のプロトタイプマシン、シューターを使用する富沢、125cc王者として中量級に再挑戦し、12月のマシンセレクションからRSVを選択したシモンが、1分49秒3の1番時計を記録。

昨季頭角を現したジュール・クルーセルとリザーブエントリーのアンソニー・ウエストが、0.1秒差で続いた。

次回はオフィシャルテスト。3月1日から3日間、バレンシアのリカルド・トレモで行われる。

非公式ベストタイム

1. 高橋裕紀 (テック3): 1分49秒3
1. 富沢祥也 (シューター): 1分49秒3
1. J.シモン (RSV): 1分49秒3
4. J.クルーセル (シューター): 1分49秒4
4. A.ウエスト (MZ): 1分49秒4
6. Y.エルナンデェス (BQR): 1分49秒6
7. K.ノエス (ハリス): 1分49秒9
8. M.ディメッリオ (RSV): 1分50秒0
9. R.ロルフォ (シューター): 1分50秒0
10. C.コルティ (シューター): 1分50秒1
11. S.ブラドル (シューター): 1分50秒3
11. A.バルドリーニ (ICP): 1分50秒3
13. R.デロサ (テック3): 1分50秒5
13. S.ガデア (カレックス): 1分50秒5
15. F.ニエト (モリワキ): 1分50秒7
15. A.ポンス (カレックス): 1分50秒7
15. D.エジャーター (シューター): 1分50秒7
18. T.ルティ (モリワキ): 1分50秒8
19. S.リーディング (シューター): 1分51秒1
20. M.アルナイミ (BQR): 1分51秒2
21. R.ピエトリ (シューター): 1分51秒7
22. J.オリベ (ハリス): 1分51秒9
23. V.レオノフ (シューター): 1分52秒3
24. K.アブラハム (RSV): 1分52秒8
24.  V.ロンボア (シューター): 1分52秒8
26. Y.ゲーラ (モリワキ): 1分53秒2

ラップタイムはチームからの提供

Tags:
Moto2, 2010

Other updates you may be interested in ›