初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2度目のオフィシャルテスト、25日からスタート

2度目のオフィシャルテスト、25日からスタート

今年2度目のオフィシャルテストが、25日と26日にセパンで開催。16人のレギュラーライダーたちが参加する。

MotoGPクラスのオフィシャルテストは、25日から2日間、セパン・インターナショナル・サーキットで行われる。

前回(2月4日~5日)に引き続き、第15戦マレーシアGPの舞台に、全10チームが集結。前日の24日には、テストライダーたちが開発中の10年型プロトタイプマシンをテストする。

前回のテストでトップタイムをマークしたバレンティーノ・ロッシを筆頭に、タイムボードの上位に進出したヤマハ勢だが、ホルヘ・ロレンソは負傷のために、今回のテストをキャンセルする。

2番時計を記録したケーシー・ストーナーは、前回のテストでチャタリングの問題に見舞われたが、全体的には満足感を得ていた。チームメイトのニッキー・ヘイデンは、テスト後に前腕の手術を受けたが、走行には大きな影響はない。

10年型RC212Vの戦闘力に手応え得ていたホンダファクトリーライダーの両雄、ダニ・ペドロサとアンドレア・ドビツィオーソは、テストプログラムを継続する。

スズキのニューコンビ、ロリス・カピロッシとアルバロ・バウティスタは、セパン入りの前に、スズキ本社を訪問。モチベーションをさらに高め、テストに臨む。

新人勢の青山博一、ベン・スピース、エクトル・バルベラ、マルコ・シモンセリは、新しいカテゴリーに順応するために、走り込みに専念する。

Tags:
MotoGP, 2010

Other updates you may be interested in ›