初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.ベンソンが史上最年少優勝者をサポート

P.ベンソンが史上最年少優勝者をサポート

ヘイデンと共にタイトルを獲得したベルソンが、史上最年少優勝記録を達成したリーディングをバックアップする。

マーク・VDSのスコット・リーディングは、カタルーニャ・サーキットで行われた合同テストに参加。新チームで初テストに臨んだ。

ベルギーの新規参戦チームで、史上最年少優勝記録を保持する英国人ライダーをチーフメカニックとして、サポートするのは、ニッキー・ヘイデンと共にタイトルを獲得し、昨年アンドレア・ドビツィオーソとコンビを組んだ豪州出身のピーター・ベルソン。

シューター製のプロトタイプマシン、MMXでの初テストを終え、「ライダーとマシンの初テストということでは、大変生産的でした。ライダーとマシンを少し知る必要があり、これから、どこに集中して仕事を進めて行くのかを決めます」と、好スタートを切ったことを説明。

「スコットがマシンのフィーリングを掴むために、どこから着手すべきか、仕事のポイントを見つけました。バレンシアに向けて、天候次第ですが、我々は既に2つの項目を計画しました。もし、時間が許されれば、感触を良くするために、シャーシを少し調整します。チャタリングが少しありましたので、それを解消するために働きます。」

チーフメカニックの視点から、MotoGPマシンとMoto2マシンの違いについては、「現時点で、私はリラックスしています。全てが違い、電子制御もエンジンのセッティングもなく、変更は簡単で、全てがシンプルです。これは、シャーシに関して、より精密にならなければいけないということで、唯一違いを出すところだからです」と説明した。

マーク・VDSは、 3月1日からのバレンシアのリカルド・トルモで開催されているオフィシャルテストに参加する。

カタルーニャ合同テスト

1日目: 1分56秒7
2日目: 1分51秒2
3日目: 1分51秒1

Tags:
Moto2, 2010, Scott Redding, Marc VDS Racing Team

Other updates you may be interested in ›